バイオリニストになるには?

バイオリンを習っていて、「将来バイオリニストになりたい!」と子供が言い出した時、夢を叶えてあげたいと思うのではないでしょうか?

しかし、バイオリニストの知り合いなどがいない場合、どうして良いか分からないと思いますので、この記事では、バイオリニストになるに必要なスキルなどをまとめてみました。

バイオリニストになるには?

バイオリニストといっても、世界中を飛び回って演奏活動をするような有名なバイオリニストから、YouTubeに動画をアップして活躍する人、もしくは、主に国内での小さなコンサートで演奏をしている人など様々です。

まずは、バイオリニスト達はどのようにしてバイオリニストになったかを見て見ましょう。

指揮者に認められる

サラチャンさんや五嶋みどりさんなどは、有名な指揮者に認められ、10代の頃から世界で演奏活動を行っています。

しかし、有名な指揮者と知り合うというのは、かなりの実力があるかコネなどがない限り難しいです。

有名なコンクールで名前と演奏を知ってもらい、演奏の機会を得る

多くの子は、小さい頃から舞台慣れをするためにも様々なコンクールへ出場しています。

そういう子供たちは、少しずつコンクールのレベルを上げていき、メニューインコンクールやチャイコフスキー、パガニーニコンクールなどで優勝したり、優勝しなくても素晴らしい演奏から演奏のオファーが舞い込んできたりします。

優勝しても消えていってしまう人もいるので、もちろん目指すは優勝ですが、どれだけ人を惹きつけれられる演奏が出来るかが大事なのかなと思っています。

音楽事務所に所属し、演奏依頼を受ける

世界的に有名にならなくても、様々なコンサートが開催されているので、素晴らしい演奏家なら音楽事務所に所属して演奏の機会を得る事が出来ます。

YouTubeで有名になり演奏の機会を得る

今の時代はYouTubeで有名になり演奏の機会を得るという事もありえます。

書き出した以外にも方法はありますが、バイオリニストになるには、とにかく練習と努力が必要です!

バイオリニストになるのに必要なスキル

バイオリニストになるために必要なスキルをつけるにはどのような事が必要なのかを見て見ましょう。

バイオリンのレッスン

バイオリニストになるには、バイオリンレッスンが必要なのは誰でも分かると思いますが、もし世界で活躍するようなバイオリニストになりたい場合は、オリンピック選手のように身体を鍛えなければなりません。

スポーツに例えると、腹筋や背筋など基礎トレーニングをして体力つくりをするのと同じように、バイオリンを弾く筋力を鍛えるには、右手だけ、左手だけの基礎力を鍛えるトレーニング、テクニックを鍛える練習曲などが必要となってきます。

そして、世界で活躍バイオリニストになるには、16歳までにほぼ全部のテクニックを勉強し、チャイコフスキーやパガニーニのコンチェルトを終えている必要があると思います。

何故なら、超絶技巧を自分のものにして自由自在に操れるようになるには、何年も時間がかかりますし、スポーツ選手と同じで一番瞬発力のある時期までにテクニックを鍛えておかないと、その後の身体能力が衰えてくる頃に習得したものと、その前に習得したのではスムーズさが違うからです。

なので、バイオリニストになりたいと思ったら、今師事している先生に相談し、もし、基礎体力を鍛えるレッスンをしていなければ、レッスン内容を変えてもらうか、他の先生に変わる事も視野に入れたほうがいいと思います。

曲を何時間練習していても基礎体力はつきませんし、遠回りとなるだけなので、バランス良い曲の選択、練習曲の選択が必要となります。

ピアノレッスン

音楽大学ではピアノレッスンが義務となり、入試の際にもピアノの試験があります。

もちろん、小さい頃から神童と呼ばれたり、そうでなくても、音楽大学など行かなくてもバイオリニストにはなれますが、その場合でもピアノは弾けたほうのが有利です。

何故なら、ピアノを習う事で伴奏とソロパートがどういう関係になっているのかが分かったり、和声感覚(音楽はハーモニーからなっています)を養えるから、ピアノは楽しむ程度でもいいので時間を見つけて始めたほうがいいと思います。

ソルフェージュレッスン

バイオリンの先生かピアノの先生がレッスン時に楽譜の読み方、フレーズの歌い方、聴音レッスンなどもしてくれていれば必要ないですが、人を感動させるような演奏は楽譜の読み方、音程や音の長さだけではなく、楽譜よ読み取れる能力がつき、それを楽器でどう演奏するかを考えて自分が思い描くような演奏に仕上げなければなりません。

それをするために必要なのがソルフェージュのレッスンです。

英会話

バイオリニストになるには英会話も大切です。

何故なら、世界で活躍する有名な先生のマスタークラスに参加する、海外のコンクールに参加する、留学するという時、英語が出来たほうのが断然有利ですし、もし海外のコンクールで毎回通訳をお願いしていたら通訳代も大変なことになります。

翻訳してしてしまうと微妙なニュアンスが上手く理解出来なかったりする事もあるので、少しずつでも英会話も始めておくと後々役に立ちますよ。

【子供の英会話教室選びで悩んでいるママ必見!】話せるようになるかは英会話教室・先生選びが大切!

体力作り

長い協奏曲になると、40分くらいの長さがあります。

その間ミスをせず、自分の表現したいように弾き続ける集中力と体力を少しずつ鍛える必要もあります。

世界的に活躍しているバイオリニスト、ユリア・フィッシャーさんは、小さい頃にヨガをしていたという話があったり、メニューインもヨガをしていたそうです。

ヨガにこだわる必要はありませんが、小さい頃からウォーキングなどをして体力を鍛えると同時に、集中力も少しずつ鍛えていく必要があります。

小さい頃から知人の前で弾いてみたり、発表会やコンクールに参加したりして舞台慣れをすることで集中力や舞台で弾く体力も養われますが、スポーツも必要です!

メンタル面

バイオリニストは、人前で長時間演奏するので、体力に加え、強いメンタルも必要です。

小さい頃はよく褒め、たっぷりと愛情を与えて自信をつけてあげてください。

自分の事を無条件で愛してくれる家族がいるという事は、自信につながります。

しかし、子供の成長にもよりますが、小学校2年生くらいからは厳しくしても大丈夫です(笑)。

想像力とセンス

バイオリニストは、楽譜を見て曲を解釈をし、自分の音楽を作り上げていきます。

小さい頃は先生の演奏を真似て演奏をしていればいい時もありますが、少しずつ先生の手を離れて自分の音楽を作る日がきます。

その時、今まで見てきたもの、感じた事、学んだことをフル活用してどのような音を出したいのか、どのようにフレーズを語りたいのかと考える時がきます。

同じドの音でもフレーズによって音色を変えたり、強調したい音を少し長く弾くけれど、どのくらい長くするか、フレーズの山へ持っていくにはどうやって盛り上げようか等々、、、。

その時のために、美しい自然や色々な時代の絵画、世界中の映画、色々な物を観て、感じて、音楽もクラッシックだけでなく、ジャズ、ポップ、ロック等色々な音楽を聴かせたり、お話を聞かせてあげてください。

沢山の経験があればあるほど、想像力は膨らみますし、素敵な絵画やカラーセンスなどを養っておけば、曲の歌い方のセンスも磨かれます!

歴史や言語

クラッシックはヨーロッパの音楽ですが、ヨーロッパといってもスペイン人、イタリア人、フランス人、ドイツ人ではかなり違います。

言語を聞いても分かると思いますが、その国の特徴のようなものがありますし、時代の特徴もあります。

大きくなってからでも遅くはありませんが、小さい頃から少しずつ世界の歴史漫画を読んでみたり、世界には色々な人が住んでいる事、色々な国の言葉を聞かせて興味を持ってもらうことも大切です。

まとめ

演奏家に必要なスキルには沢山の事を書き出し、大変そうに思えますが、バイオリンと同じで少しずつ習得していけば習得できますので、焦らず出来る事から始めてみてください!

バイオリンの練習時間(子供編)