バイオリン・子供が夢中になるおすすめ音楽まんが

バイオリンおすすめまんが

バイオリンを上手になるには、バイオリン練習の他にも色々な事を学ぶ必要があります。

 

例えば、音楽史。

音楽大学へ行くと必修科目の一つです。

何故音楽史を勉強するのか。

 

曲を演奏する時、時代背景、作曲家の人生を知っていると、曲を作曲した時にどんな事を考え、どんな想いで作曲したかが分かり、どう演奏しようかと考える時にイメージが広がります。

 

大学の教科書で学ぶと、音楽がどのようにして今の形になったのか、ヨーロッパの歴史についても学ぶので、複雑なのですが小さい頃から面白いまんがで作曲家の人生を読んでおくと、漫画を楽しみながら大体の時代の流れが頭の中に入り、自然に音楽の歴史の大まかな流れが分かります!

 

今弾いている曲、これから弾く曲の作曲家の一生を知ることで、練習のモチベーションが上がったり、こんな風に弾きたいというイメージが膨らむかもしれない作曲家の一生を描いたまんが。

 

お子さんが読むと弾いている曲に興味が沸き、練習が楽しくなるなんてことも起こるかも?

ということで、作曲家の人生を描いたまんがはおすすめなので、一覧にしておきます。

楽しく音楽史を学ぶおすすめ本

バロック

17世紀初頭から18世紀半ば

バッハ

古典

1730年頃から1827年頃

モーツアルト

ベートーベン

ロマン派

1780年頃から1840年頃

シューベルト

※ この版のまんがは、話が飛びすぎる感じがしますが、一部の作曲家はこの版しかないのでこの版を載せておきます。

シューマン

※ この版のまんがは、話が飛びすぎる感じがしますが、一部の作曲家はこの版しかないのでこの版を載せておきます。

クララ・シューマン

ショパン

ブラームス

※ この版のまんがは、話が飛びすぎる感じがしますが、一部の作曲家はこの版しかないのでこの版を載せておきます。
ブラームス 物語

※ここから下のまんがは欲しいなと思っているだけでまだ読んでいませんが、音楽家の友人たちの間では面白いと評判なので載せておきます。