バイオリンとピアノの両立は可能か?

音楽系の習い事は、家で練習をしないと上達しないので、よく質問を受けるのが、「バイオリンとピアノの両立は可能ですか?」です。

小学校高学年くらいになると学校の勉強が忙しくなり、お友達とも遊ばせてあげたいと考えると、ピアノの練習、バイオリン練習の時間が取れなくなってきます。

しかし、バイオリンとピアノの両立は本人が希望すれば出来るので、お子さんが続けたいという意思があり、経済的に可能なら続けさせてあげてください。

バイオリンとピアノを上手に両立させるためには

趣味でバイオリンとピアノを両立する場合

趣味でバイオリンとピアノを習う場合、問題なく両立出来ます。

楽器が上手なお子さんは、効率の良い練習習慣がついているので、学業の成績も良いという子が多いです。

お子さんが小さい場合は、その練習の習慣をつけるのは、親御さんです。

練習の時間管理は、小学校低学年、お子さんによっては中学生くらいまで親御さんの助けが必要です。

小さいころは大変ですが、この習慣をつけてしまえば、大きくなってからの子育てが楽になるので、小さいころは少し大変ですが、子育てなんて人生のなかのほんの一瞬の時なので、今しかないと思って頑張ってください!

バイオリンとピアノを両立するには上手にスケジュール管理をしよう

一日の中で練習出来る時間を探してあげ、この時間にピアノ、この時間にバイオリン、遊ぶ時間、勉強の時間とスケジュールをお子さんと一緒に決めます。

例えば、学校へ行く前には準備時間がかからないピアノを30分、学校から帰ってきたらバイオリンを30分練習して遊びに行く、もしくは、遊びに行って帰ってきたらバイオリン、宿題をして夕食等々、、、。

この時大事なのは、練習が終わらないからとダラダラと続けず、時間内でいかに上達できるようになるかを考えるようにする習慣をつけます。

小さい頃は、練習する曲の順番を決めてあげたり、レッスンで注意された部分を抜き出しておいてあげ、練習がスムーズに進むようにしてあげると、効率よく練習をする習慣がつきます。

仕事が忙しくて子供の練習を手伝えないという場合

フルタイムで仕事をしていて、疲れているので、子供の練習なんて見れないという方。

大変なのは分かりますが、お子さんが小さい頃に練習の習慣をつけておくことで、大きくなってからの子育てが楽になります。

一日30分でもいいので出来れば練習のお手伝いをしてあげてください。

お子さんによりますが、小学校3年生頃に反抗期が来るので、その前に毎日練習する習慣だけつけさせてあげると、「練習の時間だよ!」と言ってあげると、練習するようになります!

もし、練習に付き合ってあげられなくても、練習出来そうな時間を探してあげ、この時間にピアノ、この時間にバイオリン、勉強と時間の管理だけはしてあげてください。

そして、練習時間になっても練習していなければ、「練習時間だよ。」と、一言言ってあげてください。

練習好きなお子さんはあまりいません。

放っておいたら一人で練習を始める子は稀です!

上手なお子さんの親御さんは、レッスンでメモを取り、たまには子供と言い合いになりながらもレッスンで習ったことを家で練習させています。

しかし、それが出来なくても、なんとなく練習を続け、高校生くらいまで習っていれば、大人になってから趣味で続けたり、高校生になって目覚めて必死で自ら練習する子もいるので、お子さんが習いたくて経済的に余裕があれば、あまり練習しない場合でも続けさせてあげてください。

バイオリンかピアノどちらかの専門に進んで欲しい、もしくは進みたい場合

バイオリン・ピアノどちらかで音大を目指す場合、専門にする楽器の練習時間は毎日最低でも3,4時間必要です。

それに加えてもう一つの楽器の練習、勉強もあるので、小学校高学年、中学生になるとお友達と遊ぶ時間は毎日確保出来ないと思います。

しかし、音楽が好きなら、コンクールに参加する際に知らない土地へ行ったり、音楽つながりのお友達に出会えたり、人前で演奏をしたりなど、他の楽しみが沢山あるので、遊ぶ時間が確保できないといっても、決して可哀そうなことではなく、本人がその道を選んだなら、習っている本人はお友達と遊べなくても楽器を弾きたいと思っているので、応援してあげてください。

プロのソリストを目指す場合

バイオリンかピアノでプロのソリストを目指す場合、お友達と遊ぶ時間はほぼないどころか、小学校高学年くらいからは学校との両立も難しくなってきます。

ソリストを目指す場合、一日の練習量は5,6時間、それにソルフェージュ、和声の勉強などもあるので、楽器の練習を一番に考え、ホームスクーリングや特殊な学校へ転校する人もいます。

ソリストになるには、16歳くらいまでに一通りのテクニックや難曲を弾きこなせなければならず、時間との闘いなので、小さい頃は楽器を優先に考えなければなりません。

しかし、テクニックを一通り覚え、難曲を弾きこなせるようになれば、その後は小さいころに遊んでいた子たちよりも自由な時間が確保できますので、本人がやりたいというなら応援してあげてください!

一つのことを突き詰めた人は、勉強の仕方が分かっているので、他のことを学ぶ上でも呑み込みが早いので、大学からバイオリンやピアノ以外の他の分野を学ぶ事も可能です。

バイオリンとピアノ両方専門の道に進みたい、進んで欲しい

バイオリンとピアノ両方とも専門的に学ぶ場合は、いかにスケジュール管理を上手に出来るか、効率よく練習出来るかにかかってきます。

私の知人で高校生までバイオリンとピアノ両方とも専門的に勉強していた人がいますが、その人は特別な才能のある子として中学校からは音楽だけを勉強する特殊な学校へ通っていたそうです。

かなり親御さん、もしくは学校のサポートが必要となりますが、バイオリニストとして活躍しているユリアフィッシャーさんは、ピアノのコンクールでも優勝するほどの腕前ですので、本人の意志と環境次第ではバイオリンとピアノでプロの道に進むことも可能です!

バイオリンとピアノの両立は可能かのまとめ

バイオリンとピアノを趣味で習う場合、どちらかでプロになりたい場合、バイオリンとピアノを専門にしたい、どの場合でも本人の意志と環境次第で両立は可能です。

もし、お子さんがバイオリンとピアノ両方習いたいと言った場合、お子さんに10年後どうなりたいのか想像してもらい、その姿を目指すにはどうしたらたどり着けることが出来るかを考えてあげてください!