バイオリン上手な子は何が違うのか?

バイオリンを習わせている親御さんは、「バイオリンが上手な子は何が違うのだろうか?」「何で自分の子供はなかなか上達しないのだろう?」と考えることがあります。

私も、娘にバイオリンを教え、毎日の練習に付き合っている時「娘は運動神経があまり良くないから、体を自由自在に使って弾くバイオリンは向いてないのかな?」なんて思った事が何度かあります。

でも、上達するかは練習次第ですし、少し大きな子供を見て、「もうこんな曲が弾けるの?」と焦る事はありません。

私の経験が練習する際のヒントにでもなればと思い書き留めておいます。

バイオリンが上手な子供の共通点

もうかれこれ30年ほど前の話ですが、バイオリンを教え始めた当時、コンクールに出場するような小学生の子供達が通っている数名の先生のレッスンを一定期間見学させていただきました。

コンクールに出場するような子が習っているバイオリン教室といっても、全ての子が上手という訳ではありませんでした。

何故なら、バイオリンが上手な子というのは、先生が教えたことを家できちんと練習してくる子だから、練習をしてこない生徒さんは、先生の教え方が上手でも残念ながら上手にはなりません。

その時、先生が仰っていた事は、「学校へ行く前に少し、学校から帰ったら少し、そして、夕食前か後に少し練習してね。」と。

バイオリンは、毎日練習することが大切な楽器で、上手な子というのは大体3~6歳くらいから習い始めています。

小さい頃から始めるお稽古のバイオリン、幼児が自ら楽器を出して毎日練習するのは稀です。

なので、毎日練習をするかしないかは親御さん次第になってきます。

バイオリンが上手な子に共通する点は、先生が正しい弾き方を教え、親御さんのサポートの元、毎日きちんと練習している子です。

私の知人のバイオリニストに5歳から始めて毎日一人で数時間練習をしていたという人がいますが、その子でも、親御さんがそろそろ練習の時間というのを伝えていたそうです。この知人の場合は時代が違うので、一人で黙々と何時間も練習すると言うのは、現代の子供達に当てはまるかというと、環境的に難しいかなと思います(今の時代はスマートフォンやゲームなど、気が散るものが沢山ありすぎるから)。

家庭でのサポートの仕方

上達する子は家庭のサポートがあると書きましたが、どんなサポートをしているのかを書いてみます。

まず、家庭でバイオリンの時間帯をきちんと決め、その時間を守るように親が導いている。

子供は、決められたことを一つ一つこなしていく事が好きです。

学校から帰っておやつを食べたら練習する時間など、具体的に決まっていると、練習がスムーズに出来ます。

バイオリンを始めた頃は、少しの練習を朝昼晩など何度かに分けます。

その時間を15分→30分→1時間→2時間と伸ばしていきます。

次に、先生から教えられた事を次のレッスンまで親が一緒に練習をしてあげる。

上記で書いたように、一人で練習していたという子もいますが、一人で黙々と練習するような子供は本当に稀です。

上達の早い子の親御さんは、レッスンでメモを取ったり、必要な事をスマートフォンで録画したりして、先生が教えたことを家で繰り返し練習させています。

もう一つ大切なのは、バイオリンのお稽古道具の場所を作る。

バイオリンと楽譜など、練習に必要なものを整理整頓し、同じ場所に置き、練習する際にすぐに練習に取りかかれるようになっている事も大切です。

楽譜が何冊かあったら、練習する順番に並べておくこと。

練習が終わったら、次の練習する時にすぐに練習が開始できるよう、また整理整頓して片づける習慣も一緒につけておきます。

練習を開始する時、「あれがない、これはどこだったっけ?」となると、時間の無駄だけではなく、探す際にストレスにもなります!

上手に練習を習慣付けるには

良く言われていることですが、歯磨き、3度の食事のように、バイオリンの練習は毎日するものだと小さい頃に習慣付けられれば、毎日バイオリンを練習することが当たり前になってしまいます。

では、どうすればいいのかというと、子供はお母さんと一緒にいる事、お母さんが注目してくれる事、お母さんが嬉しい顔をしてくれるのが大好きです。

中学生でも、「この曲を弾いているとお母さんが嬉しそうだから、この曲を弾くのが好き!」という生徒さんがいるように、幼稚園生・小学校低学年までならなおさらです。

子供と歌ったり踊ったり、遊びの要素を取り入れて練習をすれば、子供は親と一緒に遊んでいる感覚で楽しく練習することが出来、また練習したいなと思ってくれます。

バイオリンの練習を休みたい時

バイオリンを続けていると、練習を休みたいと思う時もあります。

もちろん、親御さんが今日は疲れているからちょっと休みたいななんて思う事も。

そんな時は、少しだけ頑張って少し練習をさせてください。

弓の運動をしたり、楽譜を見て歌ったり、左手の運動をしたりするだけでもいいです。

そして、少しでも練習をしたら、「凄いね!出来たね!」って褒めてあげてください。

子供がやりたくないからと、子供のいいなりになっていると、何も続きません。

しかし、何がなんでも毎日続けないといけないという事はありません。夏休みに泊まりで旅行へ行く時、発表会やコンクールに参加する場合、その前の期間はいつもよりも練習をします。なので、発表会の次の日、旅行など特別な日は、お休みするという選択もありです。

上達が早い子と比べない

子供には、その子の性格、成長の速度が違い、伸びる時期も違います。

そして、子供の1・2歳差はとても大きいので、少し上の子が凄い曲を弾いているからと焦る事は全くありません。

他の子供と比較するのではなく、自分の子が10年後にどうなっていて欲しいかを考えて、逆算して自分の子供が今どの時点にいるべきかを考える事のほうが大切です。

例えば、とても運動神経が良く、感覚が鋭く、先生がお手本を見せるとすぐに出来てしまう子、逆に、先生が何度お手本を見せても分からない、出来ないという子がいるとします。

鋭い子は、あまり練習しなくても簡単に弾けてしまうので、あっという間に上手になる事が多いのですが、中学生くらいになり、曲も難しくなり、体も少しずつ重たくなってくると、あまり練習をしないでも弾けるというのが通用しなくなる時期が来ます。その時かその前に自分の練習方法を見直さないと、感覚が鋭くなく地道にコツコツと努力をしてきた子に抜かることもありえるという事もありえます。

感覚が鋭くない子は、先生に何度も言われても出来ずになかなか上達しないので、コツコツと地道な練習を続けます。コツコツと続けていると、やがて、色々な事がつながって分かる時がやってきます。意志が固い子なら、地道に大きな壁を少しずつ削っていくように、コツコツと努力をし、いつか壁を崩すこと(素晴らしい演奏)が出来る日が来るという事もあります。

同年代の子供の大体のレベルを見るのは良い事ですが、自分の子供が一生懸命練習をしているのなら、他の子供と比べて悲観的にならない事も大切です

最後に

子供はあっという間に成長してしまいます、小さい可愛い時を一緒に過ごせるなんて長い人生を考えたら、本当に少しの時間です。戻って来ない時間を大切に過ごしてください。

そして、折角バイオリンを始めたのなら、10年くらいは続けて欲しいと思います(今は大変でも大人になって続けていて良かったと思う日が来ます)。

何故なら、中学生くらいまで続けていると、大人になってから再開したいと思った時に体が結構覚えているからです。

ある程度曲が弾けるようになると楽しくなってきますので、バイオリンが好きでやめたくないというくらいの所までは、親御さんがサポートしてあげると長続きしますよ。