バイオリン教室の探し方・良い先生とは?

バイオリン教室の選び方

バイオリンを習う時、先生探しはとても重要です。

何故なら、教え方が上手な先生の生徒さんは、教えられた通りに毎日練習すれば、上達するからです。

間違った練習を何時間しても上達しないので、間違えた弾き方をしないためにも良い先生選びはとても重要です。

では、どうやって良い先生を選んだら良いのでしょうか?


この記事は、こんな方におすすめです。


  • バイオリンを始めようと思っているけれど、どんな先生を選んで良いか分からない。
  • バイオリンを習っていて、練習はしているのになかなか上達しない。
  • バイオリンを習っているけれど、今の先生のままでいいのか不安。
  • バイオリンでプロを目指したいけれど、先生を変えたほうのがいいのかと考えている。
  • 大手の音楽教室と個人教室どちらにするか悩んでいる。

おすすめのバイオリン教室

バイオリン教室を選ぶ際、良く言われるのが、発表会やレッスンを見学し、生徒さんが上手な教室を選ぶという事。

何故なら、教え方が上手な先生の生徒さんには、上手な生徒さんが多いからです。

とはいえ、先生の教え方が上手でも練習をしない生徒さんは上達しないので、上手な子がいないからその先生の教え方が上手でないと一概には言えませんし、逆にとても上手な生徒さんばかりいる教室でも、有名な先生で、上手な子が集まってきているだけで、その先生の元で学んだら上手になるかというと、そうでなかったりもします。

しかし、比較的上手な生徒さんがいる教室を選ぶと、他の生徒さんにつられて自分も上達したいと思うようになるので、バイオリンを上手な子が多くいる教室を選ぶことをおすすめします。

良い先生とは?

筆者は、一度娘を有名な音楽教室に通わせてみましたが、2年でやめる事を選択しました。

何故なら、「ここの音程を直してきて!ここの音が汚いから直してきて!」とか、「ここはクレッシェンドして」、ここは、「スタッカートだから、スタッカートで弾いて!」と指示はあるのですが、お手本を見せてくれる訳ではなく、どうしたら直るのか、クレッシェンドする時の弓の具体的な使い方などの説明がなかったのです。

それではどう直して良いか生徒は分からず、バイオリンを上達する子は勘が鋭くて、

自分で色々と試して上達出来る子、

もしくは、熱心にユーチューブ動画などを探して真似をして弾くなどをする子、

それでも、上達するには限界があると思ったからです。

筆者の子は、どちらかというと運動は苦手、もの真似も苦手な不器用な子だったので、これでは上達しないと考えたからです。

筆者が考える良い先生とは、生徒一人一人の可能性を引き出してあげる先生、

  • 練習の仕方が分からないから練習しない生徒には、練習の仕方を教えてあげる。
  • バイオリンは時間が空いた時の楽しみだから、練習は少ししか出来ない生徒には効率良く短時間で上達する方法を指導する。
  • 何時間も練習しているのに上達しない生徒には、上達しない部分を取り除く → 基礎が出来ていなかったら、基礎からやり直す。練習の仕方が悪いなら練習の仕方を教える。

そして、どうしたらバイオリンで良い音が出せるのか、どうしたら音程を外さずに弾けるのか、どうしたら弾けない部分が弾けるようになるのかを具体的に教えてくれる先生だと思っています。

結局、近所に筆者が思うような良い先生は見つけられず、筆者が娘を教え、夏休みに日本で集中講座を受けさせていました。

昨年ようやくこの先生に習わせたいという先生に出会ったのですが、近所に良い先生が見つからなければ、遠くの先生を探すか、オンラインレッスンで良い先生を見つけたほうのが良いくらい、講師選びはその子の上達を左右します!

自分に合うバイオリンの先生は?

バイオリンを習うと言っても、人によって習う目的は変わってくるので、自分がどのようになりたいのかを考えて先生を選ぶ事も大切です。

そして、レッスンの見学や体験レッスンをして先生との相性を見極めることも大切です。

習う年齢・レベルによって選ぶ先生は変わる

まずは、自分がどのような先生を探しているか分考えてみましょう。

年齢と目指すレベル

幼児を教えるのが得意な先生、あるいは、マスタークラスなどを開いているような演奏家を目指しているある程度弾ける子を教えるのが得意な先生。

社会人から始めてあまり練習する時間がないけれど、楽しくバイオリンを続けたいという生徒さんを教えるのが上手な先生などもいらっしゃいます。

習う目的

基礎を習いたいのか、高度な技術を習いたいのか。

プロを目指しているのか、それとも大人になって自分で好きな曲を弾けるようになる程度になりたいのか。

もしくは、練習はあまりしたくなく、好きな曲を弾けるようになりたいのかによっても選ぶ先生は変わってきます。

 

ソリストとして活躍している先生で演奏は素晴らしいけれど、物心がついた頃には弾けていたのである程度弾ける子のレベルアップさせるのはとても上手だけど、バイオリンを始めたばかりの小さい子は教えられないとか、教えられるけれどそんな時間はないという先生もいらっしゃいます。

逆に演奏活動はしていないけれど、小さい子を沢山教えた経験から基礎を教えるのが得意な先生もいらっしゃいます。

幼少期から小学校くらいまでの子を根気よく育てることが上手な先生がいたり、コンクールに入賞させるのが得意な先生。

中高生くらいの弾ける子をさらにレベルアップしてくれる先生等、様々な先生がいらっしゃいます。

演奏の機会

発表会を頻繁に開いたり、コンクールに参加をさせて演奏の機会を作ってくれる教室。

室内楽団があり、室内楽も経験出来る教室、沢山の演奏の機会が欲しいという生徒さん、逆に演奏会には参加をしたくないという生徒さんもいます。

バイオリニストを目指す

演奏家を目指す子たちの中には、小さい頃からコンクールに参加し、お金を払ってでもオーケストラと共演する機会を作り、プロフィール作っていく子もいます。

世界的に超有名な先生になると、コンクールを開催し、自分の生徒を優勝させてプロフィール作りをする方もいらっしゃいます。

レッスン料金は高額ですが、小さい頃からオーケストラと共演させてくれたり、コンクールで賞を取ることも出来ます。

とはいえ、超有名な先生に習った全ての生徒さんが演奏家になれる訳ではない世界なので、それだけの金額を払って超有名な先生の元で習う価値があるかを判断することも大切です。

音楽教室・大手と個人教室の違い

どうやってバイオリンの先生を選んで良いか分からない時には、個人教室か大手教室で選ぶという選択もあります。

個人教室

個人なので、教室によりますが、大手の教室よりレッスン回数や時間帯などの融通が利くことが多いのが特徴です。

大手音楽教室

大手の楽器店が運営している音楽教室

ヤマハ音楽教室や近所の楽器店などの音楽教室では毎月のレッスン回数や時間帯、料金から発表会の会費まで細かく決まっているので、分かりやすいのが特徴です。

個人の先生の場合、コンクールに参加してピアノの先生のお礼がいくらなのかはっきりしなかったり、楽器の買い替えを勧められたけれど、どう返事をして良いか分からないなど、煩わしい事が少ないのが大手の良い所です。

楽器店は受付を通すので、自分の意見を言いやすく気楽という面があります。

もちろん、個人教室でも紛らわしくない教室もあります。

鈴木メソッド

全国各地に大勢いらっしゃる鈴木メソッドに所属している先生は、音大を卒業している人からしていない先生まで様々です。

耳で聞き曲を覚えてバイオリンを弾き始めるので、小さい子供が楽しく始められるのが特徴。楽譜を読んで進めてくださる先生もいらっしゃいます。

組織が大きく、夏季学校や全国大会など行事が充実していて子供もが楽しく学べる仕組みになっています。

楽しく始められるので、バイオリンの習い始めはいいですが、ヴァイオリニストを目指す場合は音階や練習曲も必要になるので、演奏家になりたいと思い始めたら、シェフチーク、シュラディック、音階、練習曲等、演奏家として必要な筋肉や技術をつけてくれる先生を選ぶことをおすすめします。

音大付属音楽教

一番有名な音大付属音楽教室は桐朋音大付属の音楽教室です。

コンクールで賞を取るような生徒さんがいるクラスもあるので、バイオリニストを目指したいならおすすめの音楽教室です。

ソルフェージュ・ピアノレッスンや室内楽の授業が小さい頃から受けられる仕組みになっています。※ソルフェージュ・ピアノレッスンはバイオリニストになるには必要な科目です。

桐朋音大付属の音楽教室以外にも音楽大学の付属音楽教室はあるので、行きたい音楽大学の付属音楽教室を見学してみるのもいいと思います。

オンラインレッスン

コロナウイルスの影響でオンラインレッスンが増えました。

オンラインレッスンは大手から個人まで様々あります。

オンラインレッスンの良いところは、世界各国の先生から自分に合った先生を探せること。移動時間がなく、自宅でレッスンが受けられること。

直接触ってフォームを直すことが出来ないというデメリットがありますが、その分、どう説明をしたら良いか考え、実際のレッスンでは気づかないことに気づく場合もあります。

2021年からバイオリンオンラインレッスンを始めましたので、興味のある方はご覧ください↓。

関連記事

こんにちは、バイオリン講師の中村しほです。 音大を卒業し、師事したい先生が住んでいらしたイタリアへ留学、現在はイタリアでバイオリンを教えています。 娘が生まれてからは娘にソルフェージュとバイオリンを教え、練習に付き合い、12年が[…]

バイオリンオンラインレッスン

 

オンラインレッスンが急速に発展している現在、バイオリン講師が登録制のオンライン音楽教室もあります!

 

先生選びで気を付ける事

弓の持ち方の流派

バイオリンには、ロシア式、フランス・ベルギー式、ドイツ式などで弓の持ち方が微妙に違います。

習う先生によっては持ち方を直される事もあり、混乱して弾けなくなってしまう場合もあるので、先生を変わる時には注意が必要です。

とはいえ、演奏が素晴らしければ持ち方の流派が違くても直さないので、直されると言うのはどこかに問題があるからです。

口コミ、紹介

先生を探す時、口コミも参考になります。

指導上手な先生は、評判になるので、バイオリン関係の知り合い、信用できる楽器店に聞いて良い先生に出会ったという人もいます。

見学、体験レッスン

自分に合いそうな教室が見つかったら、レッスンの見学、体験レッスンを受けてみましょう。

レッスンは1対1なので、先生との相性はとても大切です。

相性が合わなければいくら教え方が素晴らしくても、習っているうちにレッスンが楽しくなくなってきます。

まとめ

バイオリンを楽しむため、上達の為にはバイオリンの先生選びはとても重要です。

  • バイオリンを習うのは演奏家になりたいから
  • バイオリンを趣味で楽しく弾きたいから
  • バイオリンの弾き方の基礎を見直したい
  • バイオリンを習っているけれど、なかなか上達しないからセカンドオピニオンが欲しい

などなど、自分がバイオリンを習ってどうなりたいのかを考えて、その要望に応えてくれる先生を探してくださいね!