バイオリン教室・先生の選び方

バイオリンを習う時、上達するかは、家での正しい練習とバイオリン教室・先生選びが重要なポイントとなります。

重要なバイオリン教室・先生先生選びですが、沢山の音楽教室、個人教室がありどう選んで良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、バイオリン教室選・先生びについてまとめてみました。

自分に合うバイオリンの先生は?

まず、バイオリンを習うと言っても、人によって習う目的は変わってきます。

どのような目的でバイオリンを習うかにより選ぶ先生は変わってくるのです。

まず、どんな先生を探しているかを明確にしてから探すこと。

そして、レッスンの見学や体験レッスンをして先生との相性を見極めることも大切です。

習う年齢・レベルによって選ぶ先生は変わる

まずは、自分がどのような先生を探しているか分考えてみましょう。

年齢

幼児と大人では教え方が違います。

幼児を教えるのが得意な先生、あるいは、小学校高学年からの子を教えるのが得意な先生。

社会人から始めてあまり練習する時間がないけれど、楽しくバイオリンを続けたいとい生徒さんを教えるのが上手な先生。

先生にも得意分野があります。

技術

基礎を習いたいのか、高度な技術を習いたいのか。

プロを目指しているのか、それとも大人になって自分で好きな曲を弾けるようになる程度になりたいのか。

もしくは、練習はあまりしたくなく、好きな曲を弾けるようになりたいのかによっても選ぶ先生は変わってきます。

ソリストとして活躍している先生で演奏は素晴らしいけれど、物心がついた頃には弾けていたのでバイオリンを始めたばかりの小さい子は教えられないという先生もいらっしゃいます。

逆に、ソリストとして活躍しているけれど、基礎も教えるのが得意な先生もいらっしゃいますし、演奏活動はしていないけれど、基礎を教えるのが得意な先生もいらっしゃいます。

幼少期から小学校くらいまでの子を根気よく育てることが上手な先生がいたり、コンクールに入賞させるのが得意な先生。

中高生くらいの弾ける子をさらにレベルアップしてくれる先生等、様々な先生がいらっしゃいます。

演奏の機会

発表会を頻繁に開いたり、コンクールに参加をさせて演奏の機会を作ってくれる教室。

室内楽団がある教室、オーケストラと共演させてくれる機会を作ってくれる教室もあります。

沢山の演奏の機会が欲しいという生徒さん、逆に演奏会には参加をしたくないという生徒さんもいます。

音楽教室から選ぶ

一番大事なのは、自分に合った先生を見つけることですが、個人教室か大手教室で選ぶという選択もあります。

個人教室

個人なので、教室によりますが、大手の教室よりレッスン回数や時間帯などの融通が利くことが多いのが特徴です。

大手音楽教室

大手の楽器店が運営している音楽教室

ヤマハ音楽教室や近所の楽器店などの音楽教室では毎月のレッスン回数や時間帯、料金から発表会の会費まで細かく決まっているので、分かりやすいのが特徴です。

個人の先生の場合、コンクールに参加してピアノの先生のお礼がいくらなのかはっきりしなかったり、楽器の買い替えを勧められたけれど、どう返事をして良いか分からないなど、煩わしい事が少ないのが大手の良い所です。

楽器店は受付を通すので、自分の意見を言いやすく気楽という面があります。

鈴木メソッド

全国各地に大勢いらっしゃる鈴木メソッドに所属している先生は、音大を卒業している人からしていない先生まで様々です。

耳で聞き曲を覚えてバイオリンを弾き始めるので、小さい子供が楽しく始められるのが特徴。

組織が大きいので、夏季学校や全国大会など行事が充実していて子供もが楽しく学べる仕組みになっています。

しかし、プロを目指す場合は音階や練習曲も必要になるので、プロを視野に入れている場合は、音階や練習曲も教えてくれる先生を選ぶことをおすすめします。

音大付属音楽教

桐朋音大付属の音楽教室は、ソルフェージュ・ピアノレッスンや室内楽の授業が小さい頃から受けられる仕組みになっています。※ソルフェージュ・ピアノレッスンはバイオリニストになるには必要な科目です。

桐朋音大付属の音楽教室以外にも音楽大学の付属音楽教室はあります。

行きたい音楽大学の付属音楽教室を見学してみるのもいいと思います。

オンラインレッスン

コロナウイルスの影響でオンラインレッスンが増えました。

オンラインレッスンは大手から個人まで様々ありますが、オンラインレッスンの良いところは、世界各国の先生から探せること。移動時間がなく、自宅でレッスンが受けられること。

直接触ってフォームを直すことが出来ないというデメリットがありますが、その分、どう説明をしたら良いか考え、実際のレッスンでは気づかないことに気づく場合もあるそうです。

先生選びで気を付ける事

弓の持ち方の流派

バイオリンには、ロシア式、フランス・ベルギー式、ドイツ式などで弓の持ち方が微妙に違います。

習う先生によっては持ち方を直される事もあり、混乱して弾けなくなってしまう場合もあるので、先生を変わる時には注意が必要です。

とはいえ、演奏が素晴らしければ持ち方の流派が違くても直さないので、直されると言うのはどこかに問題があるからです。

口コミ、紹介

先生を探す時、口コミも参考になります。

指導上手な先生は、評判になるので、バイオリン関係の知り合い、信用できる楽器店に聞いて良い先生に出会ったという人もいます。

見学、体験レッスン

自分に合いそうな教室が見つかったら、レッスンの見学、体験レッスンを受けてみましょう。

レッスンは1対1なので、先生との相性はとても大切です。

相性が合わなければいくら教え方が素晴らしくても、習っているうちにレッスンが楽しくなくなってきます。

まとめ

全ての人を教えられる先生もいらっしゃいますが、そのような先生は稀です。

バイオリンを楽しむためにも、上達のためにも自分にはどのような先生が必要なのか良く考えて探してください。