バイオリンを始める年齢は?

バイオリンは何歳から始めるのがいいのでしょうか?

もちろん、バイオリンを習う目的によって始める年齢は違ってきますが、プロとして活躍されている方たちは、大体3歳から5歳の間に始めています。

一方、2歳から始めたという人、7歳から中学校からという人もいます。

ソリストになりたい人はバイオリンをいつ始めているの?

ソリストとして活躍している多くの方は3,4歳遅くとも5歳までにはバイオリンを始めています。

世界的に有名なソリスト達がバイオリンを始めた時期を見てみると、ダヴィッド・オイストラフ氏5歳、ピンカス・ズーカーマン氏4歳、サルヴァトーレ・アッカルド氏3歳、サラ・チャンさん3歳。

 

しかし、世界的には有名ではないですがヨーロッパで活躍しているソリストで7歳から始めたという方を知っているので、少し遅めのスタートでも、正しく効果的な練習を毎日続ければ少し遅めのスタートでも可能性はないわけではありません。

バイオリンを始める年齢は何故早い方がいいか

バイオリンを習い始めるのは早い方がいいと言われています。

何故かというと、

① 聴覚は3歳くらいから急に発達し、6歳くらいまで発達を続け、その後は11、12歳までゆっくりと発達していくと言われています。

バイオリンは微妙な音程を聞き分けて音程をり、音程が合うと楽器が共鳴します。

音程を聞き分ける耳を育てるのは5、6歳までに始めるのが適齢期だと言われています。

実際、娘が通っていた音楽学校での聴音の授業では遅く始めた子は音程の聞き取りが出来ない子が結構いたそうです。

② 現在は学校の勉強も大変な時代ですので、勉強が忙しくなる小学生高学年になる前までにある程度まで弾けていないと、勉強と両立するには時間が足りなくなってきます。

ソリストとして活躍していたヴァイオリンの先生は、今の子は学業が大変で可哀そうだと仰っていました。

③ 中・高校生くらいには体が硬くなってきます。

なので、13、14歳、遅くとも16歳くらいまでには一通りのテクニックを習い、年齢とともにテクニックと音楽性に磨きをかけていくというのが理想です。

しかし、16歳を過ぎてからでもテクニックを習得するのに時間はかかりますが、もちろん習得できますので、その子の進み具合によっては小さい頃から無理をさせ体を壊してしまうよりは、時を待ったほうがいい場合もあります。

早期教育のデメリット

バイオリンは早く始めたほうがいいと書きましたが、早期教育のデメリットももあります。

・3歳では一人で出来ないので親が毎日付きっ切りで練習をしないといけないので、親の負担が多い。

・親が一生懸命になりすぎると、途中で嫌いになってしまう可能性が高い(大きくなってやりたいという持ちが強い子は、いくら大変でも嫌いにはなりません)。

・小さい頃、成長期に無理をした練習をすると体を壊してしまう事がある。

・間違えた弾き方を覚えてしまうと、後で直すのが大変。(これはいつ初めてからでも同じです。)

音楽を趣味で楽しみたい場合

当然ですが、バイオリンを習うのは、情操教育の一環、もしくは趣味でなどの場合は、始めたくなった時が習い時です!

中学生から始めて、好きで好きで一生懸命に練習して凄い上達した子も知っていますし、社会人、もしくは定年退職してから老後の楽しみにと始められる方も沢山います。

まとめ

バイオリン練習は大変だったり、時にはやめたくなったりすることもあります。

でも、長く続けていると、大きくなってから「続けていて良かった!」と思う日が来るので、長く続けられるような練習方法を見つけてバイオリンライフを楽しんでください!