電子楽譜をタブレットで使うと便利なの?

バイオリンを弾くこと約45年。

こんなに長い間紙の楽譜に慣れてしまうと、楽譜は断然紙派だったのですが、大量のコピー譜と楽譜の重さに耐えられず、バイオリンオンラインレッスンを始めた時に思い切って電子楽譜を使い始めました。

何故今までタブレットを試さなかったのかと思ったほど、この電子楽譜があまりにも便利!

私が学生の頃は、「オリジナル以外の楽譜をレッスンに持ってくるなんて常識がない!」と仰る厳しい先生もいらっしゃって、マスタークラスなどへ行く際、同じ曲を数年後に勉強する際にはまた新しい楽譜を買って、、、、という時代がありましたが、現在は資源削減の動きで紙を削減して色々な物が電子化されていくのかなと思っています。

現在は、ヘンレ版の電子楽譜も出ている(Henle Library)ので、電子楽譜でレッスンへなんていう日が来るかもしれませんね(笑)。

とはいえ、まだまだ紙の楽譜が主流ですが、電子楽譜を上手に使うととても便利ですので、ご紹介しておきます。

タブレットで電子楽譜を使う長所

上手く電子楽譜と紙の楽譜を使い分ける事で、紙や時間がかなり削減出来るだけでなく、色々な便利な面があります!

バイオリンの練習時の使い方

我が家は新しい曲を始める際、コピー譜を2部必ず用意していました。

何故なら、解釈の仕方では色々な弾き方があるので、同じ曲でも先生によってスラーの付け方が違ったり、数年後に同じ曲を勉強した時に運指番号を変えてみたりするから、オリジナル楽譜には書き込みをしたくないからです。

楽譜を2部用意するのは、娘のために1部、これは、日々の練習とレッスンへ持っていく用。

もう1部はチェックや色々と書き込む用に1部コピーをしていたのですが、今では1部だけをコピーし、チェックや書き込み用の楽譜はタブレットの電子楽譜に書き込みという形に変わりました!

タブレットに変えて良かったと思う事は、

・色で書き込みをしておいて消す事が出来、消した跡が綺麗!

練習している曲を一定の期間でどれだけできたかをチェックする我が家。

日にちごとに出来ない所をチェック色を変えて書き込みをしているのですが、紙だと書いて消してを繰り返していくと、どんどん汚くなってしまうのですが、タブレット内の楽譜はいつまでも綺麗!

・色々な色が使い放題

色を分けることで分かりやすく書き込みが出来るので、消せる色々な色ペンを買って楽譜に書き込みをしていますが、消せる色ペンの数は数えられるほどです。

しかし、タブレットの色は数えきれないほど。マーカーも色々な色が使えますし、消しても跡が綺麗!

・新しい楽譜に簡単に出来る

曲が難しくなってくると、1楽章だでも20ページなんて曲もあり、暗譜をする時、出来ていない個所を書いて、出来たら消すようにするためだけの楽譜を。

その時、暗譜が出来ていない個所を書くだけの楽譜が必要なら、溺死楽譜ならわざわざコピーをしなくても新しい楽譜を開けばいいだけでいいというのが嬉しい所。

・オーケストラパートを確認する時に便利!

協奏曲を勉強する際、オーケストラスコアーも勉強するのですが、あまり深く勉強しない協奏曲は買わずにインターネット上でダウンロードしたのオーケストラ譜で済ませてしまう事もあります。

オーケストラスコアーはページ数が多いのでプリントアウトするのはとても大変です。

そんな時は、楽譜をダウンロードしてタブレットで勉強すのもおすすめです。

オンラインレッスンで便利なタブレット

バイオリンレッスンのオンラインレッスンではタブレットが大活躍しています。。

・コピー譜よりも紙も時間も短縮できる

毎回違う楽譜が生徒さん達から送られてくるので、そのたびにプリントアウトしていたら、コピー譜だらけになってしまいますし、書き込みをして写真を撮ってまた送り返すよりも、タブレットに書き込みをしてそのまま送る事が出来るので、時間も短縮できます!

・移動時には断然電子楽譜が便利

自宅でレッスンをする時には良いのですが、他の場所へレッスンをしに行くときには、今までは大量の楽譜を持ち運んでいました。

時には、シェフチークの教本を5冊、シュラディック教本を2冊、練習曲数冊、音階2冊、、、等々を持ち歩くのが大変で、今までは必要なページのみをコピーをして持ち歩いていた事も。

しかし、タブレットに全て入れて持ち運ぶ事でコピーの紙削減、楽譜を持ち運ぶ重さからも解放されました!

・生徒さん毎に書き込みをしておける

曲が長くなり難しくなってくると、同じ曲でも生徒さんによって間違える個所が違ったり、生徒さんに合わせて書き込むことが違うので、電子楽譜に生徒さん毎に注意点を書いておけるのはとても便利です!

電子楽譜の短所

とても便利な電子楽譜ですが、当たり前といえば当たり前ですが、タブレットの充電が切れてしまうと見れなくなってしまうので、長時間の使用時には、しっかり充電しておくか、予備充電器を持っていく事を忘れないようにしましょう。

長時間紙の楽譜を見ていても疲れますが、電子楽譜はもっと疲れるので、娘の練習時には紙の楽譜を使わせています。

楽譜を見るのにおすすめなタブレット

2020 Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 256GB) – スペースグレイ (第4世代)

楽譜をタブレットで見る時に一番大事な事は、大きさです。

12.9インチのタブレットなら、紙の楽譜を見る大きさとさほど変わらないので、とても見やすいのでお勧めです!


2021 Apple 12.9インチiPad Pro (Wi-Fi, 256GB) – スペースグレイ

2021年5月末には新しいモデルが発売されるので、最新モデルが良い方は5月末になったら2020年モデルは少し価格が下がるかもしれません!

上手に使うと便利な無料楽譜サイト

国際楽譜ライブラリープロジェクト(International Music Score Library Project)

著作権の切れた楽譜を無料で公開しているIMSLPペトルッチ楽譜ライブラリー。

パート譜やオーケストラスコアーなども掲載されているので、協奏曲を勉強している時にオーケストラパートを見たりするのにも役立ちます。

しかし、このIMSLPにアップされている楽譜は昔の楽譜なので、楽譜にミスがあったり読みにくいことがありますが、上手く活用すればとても便利なサイトです。