ロード(ローデ)24のカプリス難易度

RODE24のカプリス難易度

中高生のバイオリンコンクールの課題曲になるロード(ローデ)。

自由に選べると何番を選んだら良いか迷ってしまうものです。

 

コンクールで弾く時には聞いていて、こんなに素敵な曲だったのか!と思わせるくらい聞かせられるのが理想なので、選ぶ際には自分が得意な分野の曲を選択するのが良いと思います。

 

もしくは、将来ヨーロッパのコンクールで弾きたいなら、出場したいコンクールが課題曲として指定する番号を選び、何度も弾きこなすのもいいと思います。

ロード(ローデ)24のカプリス 難易度

自分の得意分野の曲を選べるように簡単に説明を加えていますので、参考にしてください。

1番

Cantabile(カンタービレ)の部分を美しく歌い、Modelato(モデラート)からは移弦時でも綺麗な発音でスタッカートが出来ると聞き映えします。

比較的弾きやすくて映える曲です。

2番

右手が柔らかく移弦が出来ると比較的楽に弾ける曲です。

14,5,6,7番の方が聞き映えしますが、音程が取りやすいので、ロード(ローデ)導入時におすすめの曲です。

3番

音と音を美しくつなげたレガートが得意ならおすすめですが、ポジションチェンジ、移弦もなめらかに弾くのが難しい場合は、他の番号を選択することをおすすめします。

なめらかなレガートは左手・右手のコントロール力が必要とされ、意外と難しいですが、とても勉強になります。

4番

ヨーロッパのコンクールの課題曲になることもある1曲で、とても勉強になる曲です。

Siciliano(シチリアーノ)は重音でたっぷりと歌い、Allegro(アレグロ)はデタッシェで良い音で弾くと素敵に仕上がります。

しかし、Siciliano(シチリアーノ)の重音部分を滑らかなレガートで歌うのが意外と難しいので、重音で歌う自信がなければ他の番号を選択することをおすすめします。

5番

ヨーロッパのコンクールの課題曲になることもある1曲。

比較的弾きやすく聞き映えする曲です。

6番

Adagio(アダージョ)、Moderato(モデラート)とテンポが分かれている曲は比較的聞かせやすいので、おすすめです。

Adagio(アダージョ)は弓のコントロール力が試され、Moderato(モデラート)は移弦が大変な部分もありますが、比較的弾きやすく聞き映えします。

7番

ヨーロッパのコンクールの課題曲になることもあり、格好良く聞き映えする曲です。

ワンボウスタッカートが得意なら、曲想が理解しやすく弾きやすいですが、ワンボウスタッカートに自信がなければ避けたい番号です。

8番

比較的弾きやすい曲ですが、14,5,6,7番の方が歌いやすく自己アピールしやすいです。

9番

Adagio(アダージョ)、Allegretto(アレグレット)とテンポが分かれている曲は比較的聞かせやすいので、おすすめです。

10番

比較的弾きやすくて美しい曲ですが、歌うのが得意でない場合、テクニック重視の番号を選ぶことをおすすめします。

17番

あまりハイポジションが出てこないですし、重音もないのでテクニック的には難しくない分、美しい澄んだ音、重たくなく子供がはしゃいでいるような情景を思わせる面白さを出すのが得意な人向きな曲です。

 

原典版↓