ブルーレイ・DVDのリージョンコードとは?

海外版ブルーレイ・DVDを購入したけれど、家にあるプレーヤーではリージョンコードが違うので再生出来ないということがあります。

この記事では、何故ブルーレイやDVDにリージョンコードがあるのか、海外版ブルーレイ・DVDを再生するにはを説明しています。

ブルーレイ・DVDのリージョンコードとは?

世界で販売されているブルーレイ・DVDには、市場シェアを守る目的からリージョンコードと映像方式が統一されていません。

なので、日本のブルーレイ・DVDプレーヤーでは海外版ブルーレイ・DVDを見ることが出来ないのです。

しかし、リージョンフリーのブルーレイプレーヤー・DVDを購入すれば見る事が出来るのでご安心を!

各国のDVDリージョンコード

リージョンコード
0 グローバル
1 USA、カナ、,ベルムダ
2 ヨーロッパ、グリーンランド、トルコ、中東、南アフリカ、日本

※ヨーロッパと日本のリージョンコードは同じですが、映像方式が異なるため再生できません。

3 東南アジア、韓国、台湾、香港
4 オセアニア、カリブ諸国、南米、ハワイ
5 アフリカ(エジプト、南アフリカなど除く),ロシア、ベラルーシ、ウクライナ、モンゴル、北朝鮮、南アジアなど
6 中国大陸
7 MPAAリリースのとアジアのプレリリース版
8 クルーズ船など
All どのプレーヤーでも再生できる。

各国の映像方式

DVDの映像方式は地域別で以下のように分かれています。

NTSC: 日本、アメリカ、カナダ

PAL: 英国、ドイツ(旧西独)、オーストラリア、シンガポール、中国、スペイン、その他

SECAM: フランス、ロシア、東欧諸国、その他

世界のブルーレイゾーン(リージョン)分け

Aゾーン 北アメリカ・南アメリカ・USA・日本・韓国・台湾・東南アジア
Bゾーン ヨーロッパ・中東・オーストラリア・ニュージーランド
Cゾーン Aゾーン以外のアジア
フリーゾーン オフィシャルではないけれど、リージョンフリーと記してあるブルーレイはA・B・Cゾーンに設定されている、もしくは、リージョンを設定していないので、どのプレーヤーでも見る事が出来ます。

海外版ブルーレイ・DVDが再生出来るリージョンフリープレーヤー

気軽に購入できる格安のリージョンフリーDVDプレーヤー(ブルーレイは再生できません)

リージョンフリー3,000円台の格安DVDプレーヤー。

格安のリージョンフリーDVDプレーヤーは、リージョンや映像方式の違うDVDを5回くらい変更するとブロックがかかってしまって1種類のDVDしか見られなくなってしまう場合があるので、一つのリージョン専用に使う事をおすすめします。

安心!長く使いたいリージョンフリーDVDプレーヤー

安いDVDプレーヤーは気軽に購入できますが、全てのDVDの再生を補償するものではありませんという但し書きがあるのと、やはり壊れやすいという口コミもあるので、安心を買うならやはり有名メーカーがいい方へはこちらがおすすめ

全世界のDVDもブルーレイも見たい人におすすめ

リージョンフリーDVDプレーヤーに約1万円を足せば、世界のブルーレイが再生出来るので、長い目で見たらこちらの機種が一番おすすめです。

品切れになることが多いのですが、海外版のブルーレイを見る事が出来るプレーヤーの中では一番と言えるコストパフォーマンスが高い商品です!

口コミの評判も「買ってよかった!」と評判の良い機種です

DVD・ブルーレイをパソコンで見たい方、4K対応DVD・ブルーレイプレーヤーを考えていう方

 

【海外のブルーレイが見れない!】を解決。4k高画質やパソコンで見たい方も必見!

ブルーレイ・DVDのリージョンコードとは?のまとめ

DVDとブルーレイにはリージョンコード、映像方式があり、リージョンフリープレーヤーを購入すれば海外のDVD・ブルーレイが再生できます。