留学先でのルームシェア【ストレスをためないために】

留学準備・英語学習におすすめのエッセイ

こんにちは、学生時代はちんぷんかんぷんだったのに語学学校で英会話やTOEIC対策までを教えるまでになったAyaです(^^)。

 

前回のコラムイギリス入国審査【失敗しない留学生活】 で無事にイギリスにたどり着いた私。

初めての海外生活は女性の大家さんLandladyと数人の下宿学生さんたちとのルームシェアで始まりました!

初めてのルームシェア

空港までは大家さんがお迎えに来てくれていたので、大家さんと一緒に下宿先まで向かいました。

 

家族以外の人と暮らす生活は初めてのことで、何もかもがドキドキ、ワクワク。

 

私が住んだ家は子供たちが独立し一人暮らしになってしまった女性の大家さんが、子供たちの3部屋を貸していました。

 

なので、下宿学生は私を含め3名。

 

初めての下宿先は、キッチン・お風呂場はシェア、そして、家賃は毎週先支払い、下宿していた学生はアジア圏・ヨーロッパ圏の男女でした。

大家さんと暮らすメリット

私は大家さんのいるシェアハウスを選んだのですが、学生だけのシェアハウスもあり、学生だけのほうが自由度が高かったりします。

しかし、大家さんと暮らすメリットもあるので、メリットを書き出しておきます。

 

  • ネイティブのイギリス人と会話が出来る。
  • 大家さんにもよりますが、綺麗好きな大家さんの場合、家の中はいつも綺麗に片付いていて、キッチンもいつもピカピカ。学生同士だと誰かが掃除するだろうと誰も掃除せずに凄い汚いキッチン・お手洗いのアパートをいくつも見て、大家さんと一緒で良かったとそのたびに思いました。
  • 何かあった時に相談が出来る。大家さんは生まれた時からイギリスに住んでいて、大勢の留学生を見ているから、イギリス事情、留学生の問題など良く知っています。なので、良い相談相手になってくれる人もいます。どこに相談して良いのかなども的確に教えてくれたりしますよ。

大家さんと暮らすデメリット

大家さんによっては、お友達を連れてきてはダメな決まりになっていたり、キッチンの使い方が汚いと注意を受けたりします。

静かに勉強したい人は大家さんと暮らすのは向いていますが、留学生同士で騒いで楽しみたいという人には大家さんのいる家は向きません。

ルームシェアをする前に知っておくと便利な事

ルームシェアをすると、色々な国の学生さんとの共同生活になります。

 

なので、日本の常識は通じません!

例えば食事の時間は、イギリス人・日本人は比較的早いですが、スペイン人は21時からが普通だそうです!

 

幸い私は経験しませんでしたが、冷蔵庫に入れて置いたものが他の人に食べられてしまったり、机の上に置いておいた文房具がなくなっていたりという事もあります。

 

そんな時、日本語では全てはっきりと物事を言わないほうのが良いと言うときもありますが、英語は曖昧にせず自分の言いたい事をしっかりと伝えることが大事です。

冷蔵庫の自分の物がなくなっていた時、きちんと伝えられる勇気・語学力も必要です。

 

自分の言いたい事を英語で伝えられるように、留学前から少しは英語の勉強をしておくと、スムーズな留学生活が送れます!

イギリス人講師によるオンライン英会話>

自分の言いたい事をきちんと伝えないとその後も物がなくなるという事が起きます。

 

でも、なかなか自分が言っている事を分かってくれない留学生もいますので、時にはこんなものかと柔軟に対応し、小さいことにこだわらない事がストレスをためずに楽しい留学生活を送るコツです。

 

初めは戸惑っても、人間案外図太いもので、時間と共に慣れてくるものです。

〈 前のコラムへ イギリス入国審査【失敗しない留学生活】

Ayaの留学見聞録他の記事を読む