プロフィール

こんにちは、バイオリン講師の中村しほです。

沢山のサイトから当サイトを訪れていただきありがとうございます!

 

オンラインスクール

 

簡単に私の経歴を紹介しておきますね。

==========

6歳よりスズキメソードでバイオリンを学ぶ。
事務員として働きながら、スズキメソードの助手として指導法を学ぶ。
その後、梶原マキ氏に師事し、ロシアメソッドの指導法を学ぶ。
昭和音楽大学社会人入学、石井光子氏に師事。
室内楽を菅野博文氏 石井光子氏に師事
大学在学時、スズキメソードで助教認定され、代理教師として教え始める。
ヤマハ音楽教室でバイオリン講師を始める。
昭和音楽大学器楽学科・バイオリン専攻卒業
卒業試験:ラヴェル ツィガーヌ
中学・高等学校教諭一種免許状取得
社会主事資格取得
学芸員資格取得

イタリアフィレンツェに留学し、ルイージ・ガンベリーニ氏に師事。
シエナ大学主催イタリア語検定試験 CILS C2・海外でイタリア語を教えられるレベル試験合格

現在、イタリアにてお子さんから大人までバイオリンの指導をしています。

==========

子供が生まれてからは10年間子供にソルフェージュとバイオリンを教え、練習に付き合い、国際コンクールで1位や入賞が出来るまでに成長し、そろそろ親の手を離れようとしています。

 

バイオリンを初めたばかりの頃は、右手を注意して、左手も注意してとなかなか上手に弾けず、初歩の段階はもどかしく、なんであの子はあんなに上手なのにこの子はなかなか上達しないのだろうかと思う時期もあります。

しかし、ある程度基礎が身につくと、ある時どんどん上達する時がやってきます。

 

上手になるには、毎日の練習が欠かせませんが、バイオリンは正しい練習を毎日続ければ、誰でも上達する楽器です。

バイオリンの練習は、毎日コツコツと練習をし、曲を仕上げていくので、この習慣は、勉強や他の事を学ぶ際にも役に立つので、おすすめの習い事だと思っています。

 

その子に合った進度で進めていけば、必ずバイオリンを続けていて良かったと思う日が来ます。

 

分かりやすく、一人一人のペースに合ったレッスンを行っていますので、お気軽にご相談ください。