イタリア語の開口音と閉口音とは?【e,o】

イタリア語の発音には日本の発音にはない開口音、閉口音があり、カタカナ読みで発音すると、「え?」と言われてしまうことも。

発音が完璧でなくても、文脈から想像して理解してくれるので、少しくらい発音が悪くても通じますが、e,oと書いてあっても単語によって発音が少し違うので、聞くときに注意して聞いてみてください!

開口音と閉口音の違い【e,o】

開口音

特に喉を開き、喉を響かせる感じの音。

喉を手で触って響いているか響いていないか確かめると分かりやすいかもしれません。

エ、オどちらとも発音時の息はまっすぐ前か少し上方向へ向けると開口音が出ます!

 

閉口音

喉を閉めて響かせない短い響き。

エ、オどちらとも顔はそのままで床に息を吹きかける感じで発音すると閉口音が出ます!

 

ここで覚えておくと便利なのは、動詞は開口音、接続詞は閉口音。

【動詞avereの一人称、形現在、直説法のオ】

Ho mangiato una mela.

オ マンジャート ウナ メーラ

→この場合のオは、動詞のオなので開口音です。

 

【接続詞の又はという意味を示すオ】

Mela o Pera.

メーラ オ ペーラ

→この場合のオは接続詞なので、閉口音です。

 

e開口音の単語例(開口音のアクセント記号はè)

bèneベーネ

副詞:良い、上手に、

間接詞:よし

男性名詞:十分に、立派に、利益、財

 

vèspaヴェスパ

女性名詞:ススメバチ

 

adèssoアデッソ

副詞:今、現代、現在

 

minèstraミネストラ

女性名詞:(パスタ、豆、野菜などの入った)スープ

 

eの閉口音の単語一例(閉口音のアクセント記号はé)

méseメーゼ
男性名詞:(暦の)月

 

capélliカペッリ
男性名詞capelloの複数形:髪の毛

 

véroヴェーロ

形容詞:本当の、正確な、本物の
男性名詞(単のみ):真実

 

perchéペルケー

副(疑問):何故、どうして、
接:(+直接法または条件法)なぜなら、(+接続法)・・・するために
男性名詞:理由、目的、疑問

 

oの開口音単語一例(開口音のアクセント記号はò)

tròvoトロ―ヴォ

他動詞trovareの一人称:見つける、獲得する、(偶然に)出会う、遭遇する、(人に)会う

 

vògliaヴォリア(gliの発音はリというよりも口を目いっぱい横に開いてギとリの間を発音する感じ)

女性名詞:したい気持ち、意欲、欲求、(皮膚の)あざ
volereの1,2,3単、現、接続法, 3単、命令法

 

diciòttoディチョット
形容詞:18の
名詞:18

 

qualcòsa
代名、不定、単のみ:(単数、複数の)何か、(不特定の数量を示して)いくらか、多少

fóndoフォンド
男性名詞: 底、奥、背景、裾、所有地、資金、基金、債権

 

ancóraアンコーラ
副: まだ、やはり、もう一度、もっと、

 

conóscereコノッシェレ
他動詞: 知っている、認識する、

 

persónaペルソーナ

女性名詞: 人、誰か

 

※単語の横に読み方、単語の下に意味を書きましたが、意味は、一部のみ掲載