超簡単だけど豪華なイタリア料理レシピ【牛肉のカルパッチョのサラダ】

カルパッチョのサラダ

イタリアでは家庭にお客様を招待して食事をすることが良くあります。

基本的には、前菜、プリモピアット、セコンドピアットと付け合わせ、そしてデザートを作るので、どこかで手を抜いて楽をします!

そんな時に助かるレシピが、火を使わず並べるだけだけど美味しくて豪華な【牛肉のカルパッチョのサラダ】

買ったものをそのまま盛り付けるだけなのに、豪華なアンティパスト(前菜)の出来上がり!

覚えておくととても便利なのでレシピを掲載しておきます!

牛肉のカルパッチョのサラダ

材料

・カルパッチョ用の牛肉(生食用の出来ればフィレ肉の薄切り)

・ルッコラ

・パダノチーズ(濃厚なチーズが好みな方はパルメザンチーズを使用してください)

・エキストラバージンオリーブオイル 大匙4

・レモン 大匙1

・塩 小さじ1弱

※塩加減、レモンの量は、お好みで調整してくださいね。

おすすめ材料

コクのある美味しいルッコラ♪

パルメザンチーズかパダノチーズを使いますが、パダノチーズはパルメザンチーズよりも食べやすく、そのままで子供のおやつワインのお供になるので、パダノチーズがおすすめです!

高級のお肉には高級なオリーブオイル♪ラうデミオエキストラヴヴァージンオイルなら美味しい事間違いありません!
パンにつけて食べても美味しいオイルですよ!

作り方

  1. カルパッチョ用牛肉をお皿に並べます。
  2. ルッコラを真ん中に盛り付ける。
  3. パダノチーズかパルメザンチーズを薄くそぎ、ルッコラの上に散らばせる。
  4. エキストラバージンオリーブオイルに塩とレモン汁を入れ丁度良い味加減にし、ドレッシングを作り小さな器に入れおく。食べる時にドレッシングをかけて食べてください。

美味しく作るコツ

美味しく作るコツは、美味しい材料を揃えるだけ!という簡単なレシピです。

FISARで勉強したソムリエがおすすめする厳選ワイン

イタリア料理には、やはりイタリアの赤ワインが良く合います!

ロッソ ディ モンタルチーノ

トスカーナ州のモンタルチーノの名門【ポッジョ・ディ・ソット】のロッソディモンタルチーノは、サンジョヴェーゼ・グロッソ(100%)を使用したワインだけで飲んでも濃厚で骨格のしっかりした美味しいおすすめワイン。

一度飲んだら忘れられない味わいのワインです!

特別な日にはブルネッロ ディ モンタルチーノ

大樽熟成60カ月という通常では考えられないほど非常に長い熟成期間を経てリリースされる、最高峰のBrunello。
良年のみ大樽1樽分だけ生産する超希少ワインであり、長期熟成のポテンシャルが特に認められる樽を厳選して生産するワインです。
スパイスの効いたブラックチェリーにセージ、ミント、ドライローズ、ホワイトスモークなどが混ざった魅力的なブーケが印象的で、
口に含むと柔らかく、ミネラルが織り込まれた輝きのある赤果実。生き生きとした酸に続きニュアンスのあるタンニンがじわりと広がります。